2022年 11月 27日(日)
  亜希子&美枝子☆夢のコラボ ワークショップ
​  ウォンさんも一緒♡
              ~ テクマクマヤコン ~

 私たちは、いつだって魔法を使えるの。

 自分が思ったとおりの自分になれるの。

 テクマクマヤコン テクマクマヤコン★

 ラミパスラミパス ルルルルル★

11月と12月、T&Tスペシャルな連続企画です。

11月27日(日)は、スピリチュアル界のレジェンド・山川亜希子さんと、

クリエイターのウォン美枝子さんのコラボ第2弾を開催します!

続く12月10日(土)は、山川亜希子さんと、美枝子さんのパートナー・瞑想のピアニスト ウォン・ウィンツァンさんとのコンサートです♪

亜希子さん&美枝子さん、前回の時は、それぞれのトークとお二人でのトーク、

そして、美枝子さんの楽しいボディワークと盛りだくさんでした。

そして今回は、ウォンさんがシンセサイザーでサポートしてくださることになりました!
どんな素晴らしい時間になるのでしょう、、、私自身とても楽しみ♪​

会場は、葉山の海と江ノ島と富士山が見える、素敵な場所です。

​魔法のような素敵なひとときを皆さんとご一緒に♡

IMG_3446.jpg
ウォン・ウィンツァンwithピアノ トリミング.jpg

---------- * ----------- * ----------- * ---------- * ----------

 

亜希子&美枝子☆夢のコラボ ワークショップ ウォンさんも一緒♡  ~テクマクマヤコン~
【日時】2022年11月27日(日) 開場13:30 開演14:00(終了予定17:00)   
【会場】葉山港 管理事務所 3階 多目的室
    (神奈川県三浦郡葉山町堀内50番地)
     https://www.riviera.co.jp/marina/hayama/access/index.html
【料金】5,000円(事前振込み)
【定員】40名
【主催】T&T 小山内
◎お申込み・お問合せ:小山内
 tt.blue.earth@gmail.com
 上記のメールアドレスに、件名「11/27テクマクマヤコン」として、

 12月10日もご一緒にお申込みの場合は、件名「11/27&12/10ルルルルル」として、
 ①お名前(フリガナ) ②電話番号  ③人数 をお書きの上、送信してください。

 ※複数名の場合、参加者全員のお名前とご連絡先をご記入願います。
 折り返し受付の確認と、お振込先などをお知らせいたします。

ーーーーーーーーーーー

※適切なコロナ感染対策を行いながら開催します。

参加者の皆さまにもご協力をお願いします。
なお、内容は必要に応じて変更する場合があります。
また、今後の状況によりましては、延期する可能性もございます。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーー

 

【キャンセルポリシー】
*お申込みから一週間以内にご入金をお願いします。
*ご入金をもってお席の確保となります。
*お振込みされた参加費は原則、返金できません。ご了承ください。
 (悪天候等やこちら都合の場合以外)

 
*ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*

IMG_3436.jpg
前回1月の時の写真です♪
​クリスタルボウルは、湯川れい子さんからのプレゼントだそうです♡
今回は、ウォンさんがシンセサイザーでサポートしてくださいます♪
亜希子さん.jpg
山川亜希子(翻訳家・作家)

1943年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。結婚後、夫と共に外国生活を経験。マッキンゼイ・アンドカンパニーなどの勤務を経て、86年以来、精神世界関係の欧米の著作を夫と共に50冊以上翻訳紹介し続けている。自著には『人生は、奇跡の連続!』『宇宙で唯一の自分を大切にする方法』(共に大和書房)『自分に目覚める スピリチュアル旅へ』(PHP研究所)などがある。夫紘矢さんとの共訳・共著は、シャーリー・マクレーン著『アウト・オン・ア・リム』(地湧社、角川文庫)、ブライアン・ワイス著『前世療法』『魂の療法』(PHP研究所)、パウロ・コエーリョ著『アルケミスト』(地湧社、角川文庫)、『精霊の囁(ささや)き 』(PHP研究所)、『すべては魂の約束』(BABジャパン)エックハルト・トール著『パワーオブナウ』(徳間書店)ほか多数。 最新刊は、パウロ・コエーリョ著『弓を引く人』(KADOKAWA)
http://www2.gol.com/users/angel/

美枝子さん.jpg
ウォン美枝子(クリエイター)

商業空間の設計・デザイナーとして20代より数多くのプロジェクトに参加。コンテンポラリーダンスの世界でも国内外の舞台経験をする。現代舞踊協会会員。1992年ウォンウィンツァンとSATOWA MUSICを設立。アートディレクターとしてCDジャケットやコンサートフライヤーなど制作に携わる。地雷犠牲者支援チャリティCD「もしも地雷がなかったなら」の朗読表現を2000年よりウォンのピアノ演奏と共に続ける。2002年より「ミューズ・カンパニー」にてダンスやアートでのコミュニティリーダー養成コースを2年間研修。またソマティック・サイコセラピー系ワークショップなど各種の修行ワークも体験。2011.3.11故郷東北の大震災に衝撃を受け、以後の活動の心的ベースとなる。近年、ウォンと共に「魂の表現ワーク」「生と死のワーク」をテーマに音楽、美術、瞑想、身体を通して「自分と向き合う」ワークショップを各地で展開。趣味は太極拳と英語劇。

ウォン・ウィンツァンwithピアノ トリミング.jpg
ウォン・ウィンツァン (ピアニスト、インプロヴァイザー、作曲家)

超越意識で透明な音色を奏でる“瞑想のピアニスト”。

Eテレ「こころの時代」NHK「にっぽん紀行」「目撃!にっぽん」テーマ曲でも知られる。

1949年神戸で、香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。

19歳からプロとして、ジャズ、フュージョンなどを演奏。

87年に瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、

90年より即興演奏を中心とするピアノソロ活動が始まる。

92年インディーズレーベル、サトワミュージックを発足。

1stアルバム「フレグランス」がFMから評判になりロングセラーとなる。

以後「ムーントーク」「ASIAN DOLL」「海より遠く」「光の華」など30タイトル近くのCDをリリース。

2020年にはデジタルアルバム「おくる音楽」(Wong WingTsan + Aska Strings)を発表。

近年は音楽活動の場をYouTubeにも拡げ、ライブ配信やミュージックビデオで新たなファンを獲得し、

人気コンテンツは180万回再生突破。

癒しの音色のみならず、発信力のあるアーティストとしても注目されている。


公式サイト  www.satowa-music.com
YouTubeチャンネル  WONG WING TSAN 

79024567_496225687660993_753507847363991